• ホーム
  • AGAには遺伝が関わっている?

AGAには遺伝が関わっている?

家族や親族に髪の毛の薄い人がいる場合、自身もそうなってしまうのではないかと悩んでいる人も多いでしょう。
こういった遺伝性のものを心配する人は男性がほとんどなのですが、最近では女性でも髪の毛を気にする人が増えてきました。
男性の場合は男性ホルモンが多いと遺伝的な影響も受けやすく、薄毛になってしまう可能性が高くなります。
男性ホルモンによってAGAの原因物質が遺伝してしまうことがあるのです。
しかし実際に遺伝が原因で薄毛になる可能性は25%程度と言われており、全員がなってしまうというわけではありません。
薄毛や抜け毛はさまざまな原因によって引き起こされるものなのですが、やはり生活習慣が大きく関与していると考えられます。
食べ物の好き嫌いが多いなど食生活に問題があるという場合、栄養素が偏ってしまい頭皮までしっかりと届かなくなってしまうのです。
それによって抜け毛が増えたり薄毛になりやすくなってしまうことがあります。
家族が薄毛であるという場合、生活習慣をしっかり見直してみると良いでしょう。
遺伝により男性ホルモンが多い人の場合、乱れた生活習慣によって薄毛になる可能性がさらに高くなってしまいます。
これは男性だけでなく女性にも言えることであり、父親や母親の遺伝により髪の悩みが起こりやすい体質の場合、特に気をつけた方が良いでしょう。
また、頭皮にかゆみがある場合も薄毛や抜け毛に注意が必要です。
脂漏性湿疹などの頭皮トラブルが起きるとかゆみが出てしまいますし、抜け毛などの症状も伴うことがあります。
頭皮にかゆみがあるからといってすぐに禿げることはないのですが、放置しておくと薄毛になってしまうこともあるので早めに対策していきましょう。