• ホーム
  • 親子で薄毛は嫌だ!幼い息子に今してあげられること

親子で薄毛は嫌だ!幼い息子に今してあげられること

櫛で髪を梳かす男性

薄毛に悩んでいる男性は、息子にその薄毛を継がせたくないと思う人も多いと思われます。
幼い頃から育毛剤を使ったり、薄毛治療専門のクリニックなどで処方される薬を飲ませるわけにもいかないため、日頃のケアが幼い頃からの薄毛予防対策となります。
頭皮の健康を意識することによって、頭皮の状態を整えていくことが重要です。
とくに頭皮マッサージは血行を良くするなどの効果があるためおすすめです。
また、気をつけたいのがシャンプーになります。ある程度の皮脂は薄毛予防に必要ですが、市販されているシャンプーの多くは石油系の界面活性剤が含まれています。
石油系の界面活性剤は洗浄力が強く、必要な分の皮脂まで落としてしまいます。
必要な皮脂を落とさないためには、植物性の体に優しい界面活性剤を使用しているシャンプーかアミノ酸系のシャンプーに変えることが良いとされています。
頭皮の血行を良くするにはシャンプーブラシも効果的です。
頭皮の状態が良ければ、頭皮に多少のダメージがあるカラーリングやパーマも十分に楽しむことができるようになります。
ほかの対策としては、育毛サプリメントなども効果的だとされています。
食べることは一番効率的に栄養を吸収できるため、髪の毛を育てるのに有効な成分を摂取していくことで薄毛の予防をすることができます。
育毛サプリメントはいつから飲み始めても問題ないとされていますが、基本的には栄養バランスの整った食事を行なっていくことが大切です。
髪の毛を作るのは夜10~2時の間になります。
そのため幼い頃から早寝早起き、血行を良くする適度な運動を行なうことなどが髪の毛を薄くしないためには身に付けさせておきたい習慣になります。

人気記事一覧